<< プロローグ 〜このブログについて〜 | main | プリザ君 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

初めて痔の薬を買う。

い。
昨日に引き続き痛い。これまでは、ケツがちょっと痛いかなと思っても、風呂上りにオロナインH軟膏を塗って寝れば大概は治っていた。でも、今回は違った。これまでとは様子が違うのだ。俺もついに本格的な痔を患ってしまったのかと思いながら、薬局で痔の薬を買おうと決意する。

まさか自分が・・・。
これまで痔の薬のテレビCM(ボラギノールとかプリザ)を見ても、「止まって治す」なんてフレーズを聞いて「なんじゃそりゃ。ケツのどこで止まるのよ!?」なんて思っていたものだ。まさか自分がお世話になるとは・・・。

薬屋をはしごする。
いろんなタイプがあるようだけど、座薬はパス。とりあえず塗るタイプを買おうと薬局へ向かう。買うことを決意したといっても、ちょっと恥ずかしい。向かった薬局は雑貨等も扱う大型のドラッグストアだ。対面で症状なんて聞かれたくないし、大型店なら自分で手にとってレジへ持って行けば済むしね。

まずは痔の薬コーナーを探す。しかし、これがなかなか見つからない。そうこうしているうちにそれらしきコーナーを発見するが、レジカウンターのやや後方にあり、自由に手にとってみられるような場所にない。仕方なくその薬局で買うのはあきらめて違う薬局へと向かう。

2軒目は違うチェーンだが、似たような形式のドラッグストアだ。いずれにしても、薬剤師に相談しないと薬が手に取れないような小さな薬局で買う気はさらさらなかった。運の悪いことにこの店も1件目と同様のつくりだ。目薬が安かったので、それだけ買って店をあとにする。

3件目でようやくゲット!
3件目は黄色に黒文字の看板でおなじみのあの店だ。やったぁ。[emoji:i-179]
これだよこれ。3件目にしてようやくフリーアクセスの痔コーナーを発見!しかし、同じブランドでも複数の種類があるので困った。ボラギノールとボラギノールA、プリザSとプリザエース・・・。違いがよくわからなかったが、銀色でかっこよかったのでプリザS軟膏を買う。はぁ〜やっと買えた。その時はそれで治ると信じていた。(というよりも、そう思いたかった。)

薬を塗ってみる。
薬屋をはしご中も、車の乗り降りはもちろん、普通に歩くのもつらかった。さっさと家に帰り、ウォッシュレットでケツを洗ってから塗ってみる。えらくサラっとした軟膏は、塗った直後こそ少しだけスースーする感じがするが、その後は何も感じない。もっと爆発的な効き目を期待していたのにちょっと期待外れ。でも今、頼れるのはこのプリザ君しかいない!

後で知ったのですが、ネットで薬も買えたみたいです。


 炎症をおさえる酢酸ヒドロコルチゾンをはじめ血管収縮剤の塩酸テトラヒドロゾリン、殺菌剤の塩...

 

「痔の薬」をAmazonで探す

前の体験記次の体験記

at 16:11, , ★発病〜決意して病院へ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 16:11, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。