スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ケツに痔を抱え・・・結婚式に参列!

※この記事は過去の回想です。

お陰様で現在は痔も落ち着いて過ごしています。


朝起きて、トイレへ。

ビジネスホテルのトイレのウォシュレットはやけに音がでかい。

 

まず、座って何やら準備が始まっているのか音がする。

そして、いざスイッチをONしたとたんに音が・・・。

 

手術後のケツをどんな水流で洗われるのか、ちょっと怖い。

自分はケツに穴が空いている状況。

万一、そこに直撃してしまったら・・・なんて考えると余計に不安に。

 

結局なんだかんだで、大丈夫だったけれど、気持ちが高ぶらない。

取り急ぎ、支度(ケツにガーゼなど)を終えてホテルを出る。

それにしても、ケツガーゼをするのはちょっぴり情けない気持ちになる。

 

はぁ、この先、数時間もの間、電車に揺られるのが不安で仕方ない。

昨日の新幹線は、なんとかなったけれど、在来線の特急は揺れるぞ。

 

電車は好きなんだけど、ケツの調子がこれじゃぁ・・・。

頼むぜ、クッション(らくちんフィットクッション)だけが頼りだ。

 

デカい紙袋に入れたクッションをぶら下げて駅へ。

電車に乗り込むと早速、クッションを颯爽と取り出し、シートへ。

座ると、明らかに座高が高めになるので違和感がある。

 

でも、クッションがあるのと無いのとでは別世界なんです。本当に。

時折体制を変えたりしつつ、無事に目的地へ到着。

クッションを持参して本当に良かった。

 

そして、いよいよ結婚式に参列。

 

ケツのことは顔に出さず、ビデオカメラを片手に、激しく動けないながらも撮影に精を出す。

 

夜は親族で集まって、温泉旅館にて夕食と宿泊。

あぁ、酒も飲めないし何よりも温泉に入れない・・・。

本当になんでこんな時に痔なんだ・・・。

(後で知るのだが、お風呂はむしろ入った方が良かった。)

 

その日も、温泉に入れない私は身体をフキフキして寝たのであった。

 

あぁ、長時間電車に揺られて帰らなければならない。

そして、帰京後に直接病院へ行く予定。

 

つづく

前の体験記|次の体験記→

 

JUGEMテーマ:徒然なるままに。

at 22:45, ぞうさん, ★肛門科への通院(その2)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

クッションを抱えて、いざ出発!

夜、会社を出て直接新幹線で新潟に向かう。
今回はクッション(らくちんフィットクッション)持参での乗車だ。
 

ちょっと恥ずかしいけれど、私のケツはそうも言っていられない状態なのだ。

いつもなら、缶ビールでも飲みながら有意義に過ごせるはずの車内なのに・・・。
どうも、落ち着かない。
 

幸いにも、新幹線は振動がほとんど無いため、ケツには非常に優しい電車だ。
クッションのおかげもあって、ちょっと座高が高くなってはいるものの、痛み等は無い。
 

なんとか無事にホテルにチェックインできた。

まだ、入浴は解禁になっていないので、タオルで体を拭き、
強力ポステリザン軟膏をちょいとケツに注入して就寝。

明日は朝早く特急電車で移動だ。
 

つづく

前の体験記|次の体験記→

at 19:22, ぞうさん, ★肛門科への通院(その2)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ケツに穴が開いたまま、結婚式へと旅立つ

(前回まで)
ケツが腫れ、痛みに苦しんだ後、病院へ行くと痔瘻と宣告されてその場で肛門周囲膿瘍の切開手術を受け、ケツガーゼ生活が始まったのだった。


~~~~~~


手術から3日が過ぎた。
週末の結婚式参列を前にクリニックに診察へ向かう。


ケツにガーゼ生活もかなり慣れた。
カットガーゼにサージカルテープをちょちょっと貼って、ケツへ。
逆に、コレをしないと違和感があるほどに・・・。


診察。


こちらも、もう慣れた。
指を入れられ、今回は中を見る器具も入れられた。


ちょっと痛い。


先生曰く「順調ですよ」


なにが順調なのか判らないが、膿も出ていると言うことなのだろう。


診察の最後に、また込めガーゼ。
これは相変わらず、痛い。


ちょっと電車の長旅になるので心配だと先生に告げる。
日曜日も診療しているので、東京に戻ったその足で寄ることにした。


裂れ痔がまだ治っていないので軟膏を処方してもらった。
でも、こいつが傷口に付くと、傷口を塞いでしまうので気をつけるように言われた。


診療費:1100円
薬代:800円


フロモックス錠
ソレトン錠
ビオフェルミンR錠
強力ポステリザン軟膏


式は翌日土曜のAMからなので、夜の新幹線で新潟へ行き一泊。
翌朝山形へ向かうプランだ。
長時間の電車はやっぱりちょっと心配だ。



つづく
 
前の体験記次の体験記

at 08:31, ぞうさん, ★肛門科への通院(その2)

comments(0), trackbacks(0), pookmark